働くことや自立に悩む若者を応援
「若年者就労支援室あんだんて」

  • 相談料・利用料は無料です

    03-3200-3311

    受付時間:平日 8:30~17:00(祝日・年末年始除く)

  • お問い合わせフォーム
image

新着情報

あんだんて支援プログラム

はじめてのSST 第5回

こんにちは。CNSネットワーク協議会です。

10月18日(金)、「はじめてのソーシャル・スキル・トレーニング」の第5回目が開催されました!

この日は秋らしく、風もお天気も柔らかくて過ごしやすい一日でした。

 

この日は本題に入る前に、まずは緊張をほぐすために、久々に「絵しりとり」というゲームをしました。

これは普通のしりとりなら言葉でしりとりするところを、絵でしりとりをするというゲームです。そしてそれだけではなく、説明のために言葉を使わず、ゲーム中は黙ってしりとりをするというルールもあります。

ゲームの参加者は言葉を使わず、「これで伝わるかな?」「分かってもらえるかな?」と頭をひねりながら絵をつないでいきました。

さて、これはどういうしりとりでしょうか?

さて、第5回は「疲れない人付き合い ~苦手な人との付き合い方を考える~」で実施されました。

苦手な人は避けたいけど、どうしても避けきれない事情がある…

そういう人付き合いをうまくこなせなくて疲れちゃう…

そういうことってありませんか?

今回はそんな日常に潜む「困った!」に焦点を当てて、どうすればそんなに消耗せずにやっていけるか皆で考えていきました。

今回はまず、日常の中で人を苦手に思う場面や、その理由について考えていきました。

苦手な理由を考えることは、自分がどういう人間なのかを分析することにも繋がっていくという話にもなりました。

 

そして、苦手な理由を見つめられたところで、苦手な人への対処スキルをワークショップ形式で実践していきました。

参加者は用意されたシチュエーションであるところの「仲はいいけどベタベタしてくる友達をどうにかしたい」「バイト先の人がプライベートにまでグイグイくるのが苦手だがどうすれば…」等の課題に対して、対処を考えていきました。

 

今回お伝えした苦手な人への対処の中に、

「相手のポジティブな面に目を向ける」

というものがありました。

これは相手を無理やりいい人扱いするということではなく、相手を客観的に眺めて評価できるところ、「この話題ならまだいける…」という部分を探してみるというアクションです。

自分の中の苦手意識を無理に無くそうというのは不自然なことだと思います。で

すので、それに添える形で、相手の中にまだ接することが可能な面を探していくというのも一つのスキルになりうると思います。

 

まずは自分ができることを1つずつ。

皆さんが、「無理なくやれそう!」と思える具体的なコミュニケーションのコツを、これからもお伝えしていきたいと思います。

次回のテーマは「頼みごとをする」です。

できたら自分の力でどうにかしたいんだけど、どうしてもできなくて困ってる…

でもこんなこと、どうやって頼めばいいんだろう?

この回ではそんなときに役立ちそうな考え方やスキルを、ポイントを押さえてお伝えできればと思います。

 

次回もゲームやワークを取り入れて、リラックスした雰囲気で進められたらと思っています。ちょっとでも興味があれば、ぜひご参加ください。

お待ちしています。

 

はじめてのSST 第4回

こんにちは。CNSネットワーク協議会です。

9月20日(金)、「はじめてのソーシャル・スキル・トレーニング」の第4回目が開催されました!

この日はようやく秋めいてきて、日当たりのいい道を気持ちよく歩けるお日和でした。

 

この日は本題に入る前に、まずは緊張をほぐすために、「言葉づくり」というゲームをしました。

これは50音が書かれたカード(「を」は除いたもの)を残さず組み合わせて単語を作るというものです。今回はそれを一人で実施するのではなく、参加者でペアを作って行いました。

参加者は「このひらがなは使いにくそう…先に消化しちゃおう!」と作戦を立てたり、後々になって余ってしまった文字に対して一生懸命頭をひねりながら、ひらがなを組み合わせて思い思いに言葉を作っていきました。

このブログをお読みの皆さんならどういう言葉を作りますか?

さて、第4回のテーマは「会話の始め方、続け方」でした。

会話を始める時、どういう話題を選んでいいか、迷うことはありませんか?

また、せっかく話しかけてみても、(なんかやりとりがすぐ終わっちゃってさみしいな…)と思うことはありませんか?

会話の始め方、続け方のポイントを押さえてやってみることで、スムーズに会話を導入し、続けていくことができるようになっていきます。

今回はその練習として、「こんなことありませんか?」のコーナーとロールプレイを実施しました。

 

「こんなことありませんか?」のコーナーでは、日常でありそうな、上手に話を聴けていない参考例をみんなで観察して、相手の気持ちを考えました。

また、「この人がもう少し上手に話しかけるにはどうすればよかったかな?」「どういうところでつまずいていて会話が続かなかったかな?」という点からアドバイスを考えることで、会話上手になるためのポイントを探しました。

 

ロールプレイでは、そのポイントを踏まえつつ、会話を開始し、続ける練習をしました。

家族や友人、職場の人など、様々な状況設定の中で、どんなポイントを押さえて聴くとコミュニケーションがうまくいくか、実践しながら皆で考えていきました。

今回のテーマである「会話の始め方、続け方」のポイントの中に、

「相づちを打つ」

「相手の伝えたかったことを繰り返す」

というものがありました。

これは実は、前回SST「上手な話の聴き方」でお伝えしたポイントと重なるものです。

相手の話を受け止め、それを返していくこと。それが会話を続けることにも繋がっていくというわけなのです。

話している相手も、そうやって自分の話を大事に聴いてもらっていることを感じられたら、きっと『もっと会話を続けたい』と思ってくれることかと思います。

 

 

まずは自分ができることを1つずつ。

皆さんが、「無理なくやれそう!」と思える具体的なコミュニケーションのコツを、これからもお伝えしていきたいと思います。

次回のテーマは「疲れない人付き合い」です。

人との距離の取り方が難しい…

そこまでイヤではないけどちょっと疲れちゃう…

この回ではそんな時に役立ちそうな考え方をポイントを押さえてお伝えできればと思います。

 

次回もゲームやワークを取り入れて、リラックスした雰囲気で進められたらと思っています。ちょっとでも興味があれば、ぜひご参加ください。

お待ちしています。

はじめてのSST 第3回

こんにちは。CNSネットワーク協議会です。

8月9日(金)、「はじめてのソーシャル・スキル・トレーニング」の第3回目が開催されました!

この日は夏らしいお天気でとっても暑くて、みんなでお茶を飲みながらまったり進行となりました。

この日は本題に入る前に、まずは緊張をほぐすために、「お絵かきしりとり」というゲームをしました。

これはその名の通り、言葉の代わりに絵でしりとりをするというゲームです。参加者は声を発さず、絵だけでしりとりをつなげていきます。前の人が何を描いたかはっきり分からない場合も、聞いたりせずに(○○かな…?)と推測しながらつなげていきます。

参加者は難しい題材のお絵かきに挑戦したり、それが何なのか一生懸命推測して繋げたりと思い思いに取り組んでいました。

 

さて、第3回のテーマは「上手な話の聴き方」でした。

相手の話を聴く時、適当に聞き流していたり、「ちゃんと聴いてるつもりだけどこれであってる…?」と不安になることはありませんか?

上手に話を聴けるようになると、周りの人との関係がとてもよくなります。その練習として、今回は「こんなことありませんか?」のコーナーとロールプレイを実施しました。

 

「こんなことありませんか?」のコーナーでは、日常でありそうな、上手に話を聴けていない参考例をみんなで観察して、相手の気持ちを考えました。

また、「この人がもう少し上手に聴くにはどうすればよかったかな?」という点からアドバイスを考えることで、聴き上手になるためのポイントを探しました。

 

ロールプレイではそのポイントを踏まえつつ、相手の話を聴く練習をしました。

家族や友人、職場の人など、様々な状況設定の中で、どんなポイントを押さえて聴くとコミュニケーションがうまくいくか、実践しながら皆で考えていきました。

 

今回のテーマである「上手な話の聴き方」のポイントの中に、「相手の伝えたかったことを繰り返す」というものがありました。

この繰り返しには二つのレベルがあります。

まずは話の内容を繰り返すというもので、たとえば「締切は3日の午後4時ですね」などといった具合です。これは、聞き間違いがないかその場で確認することにあたって有効な方法です。

また、話の中の気持ちを繰り返すというのもあります。これは「1位になれてうれしかった!」「それはうれしかったね」といった具合です。

相手の一番伝えたかったところに注目してお返しすることができれば、相手もきっと(そこが分かってほしかったの!)と思えることでしょう。

 

 

まずは自分ができることを1つずつ。

皆さんが、「無理なくやれそう!」と思える具体的なコミュニケーションのコツを、これからもお伝えしていきたいと思います。

次回のテーマは「会話の始め方、続け方」です。

会話の糸口を探すのって、意外と難しいですよね。

また、せっかく話が始まっても、そこから(どう話せばいいかな…)と考えてしまうことはありませんか?

この回では話しかける時のコツや、会話を続けるときに気をつけると良いことなどをお伝えしたいと思います。

 

次回もゲームやワークを取り入れて、リラックスした雰囲気で進められたらと思っています。ちょっとでも興味があれば、ぜひご参加ください。

お待ちしています。

はじめてのSST 第2回

こんにちは。CNSネットワーク協議会です。

7月19日(金)、「はじめてのソーシャル・スキル・トレーニング」の第2回目が開催されました!

第2回目ということで面識のある相手と「お久しぶり!」とご挨拶されている方もいらっしゃいましたね。

 

本題に入る前に、まずは緊張をほぐすために、「全員一致クイズ」というゲームをしました。

これは「○○といえば…」というお題に対して、できるだけ多くの人が同じ答えになるように回答するゲームです。

実際やってみると十人十色でなかなか一致しませんが、「そういうのもアリだね」と、お互いの違いを認め合ったり、楽しい時間が過ごせました。

さて、第2回のテーマは「“自分”の伝え方」でした。

自分のことを伝えるには、まず自分のことを知らないと話しづらいものです。

また、「自分は〇〇だけど、あなたはどうですか?」と、話しかけていくことも大切ですね。

その練習として、今回は「自己紹介ビンゴ」をやりました。

 

自己紹介ビンゴはマスに数字ではなく質問を入れ、参加者同士で自由に話しながら、そこにあてはまる人を探すというゲームです。

質問は自分の好きなことややってみたいこと、逆に苦手なことなどなど、各々話したいことや聞いてみたいことを書き込んでいました。

 

その後、自己紹介ビンゴを持って質問しあいっこをした時には、参加いただいた皆さんも、笑顔を見せながら自分のことを話したり、誰かに質問されたりしていましたね。

すでに顔なじみの方もいらっしゃいましたが、ビンゴを通して相手の意外な一面を知ることができて新鮮な気持ちでお話しできたようでした。

 

初対面の人との話題に困ったら、自己紹介ビンゴでやったように、まずは自分の好きなものや、やってみたいことなど、自分のことをとっかかりにすると話しやすいかもしれませんね。

また、話しかける際のコツとして前回の振り返りも行いました。

初対面の人に、何を聞くか、何を話すかも大事ですが、

 

「まずは相手に身体を向けて、ときどき目を見よう」

「口角を少し上げてみよう」

「ゆっくり話してみよう」

 

など、からだの動かし方に気を遣うと、自分もリラックスできますし、相手も「話しやすい雰囲気だな」と感じるのではないかと思います。

 

まずは自分ができることを1つずつ。

皆さんが、「無理なくやれそう!」と思える具体的なコミュニケーションのコツを、これからもお伝えしていきたいと思います。

次回のテーマは「上手な話の聴き方」です。

普段なんとなくしている会話でも、話を上手に聴けるようになると、周りの方との関係がぐっと良くなります。

すぐに試せる、“上手に聴く”ためのポイントをお伝えしたいと思います。

 

次回もゲームやワークを取り入れて、リラックスした雰囲気で進められたらと思っています。ちょっとでも興味があれば、ぜひご参加ください。

お待ちしています。